> > 猟路の桜(宇陀市榛原区 笠間川)
rss rss

猟路の桜(宇陀市榛原区 笠間川)

猟路の桜を歩く人




飛鳥藤原京の古、宮廷遊猟の地であった宇陀の山野。古典的に由緒あるこの地を後世に伝えんと記念の桜を植樹し、「猟路の桜」と名づけられたいうのが所以の桜並木。榛原の花火大会も行われるこの地に、こんな桜があろうとは。すらばらしいお花見ポイントでした。
conv store del
宇陀近辺は、奈良市近辺より少し開花、見ごろの時期が遅れるようで、奈良で見ごろが終わっていてもまだ桜が楽しめます。

ちなみに、場所は、宇陀市はいばら花火大会が開催されるあたりでした。
川沿いに桜が続いていますのですぐわかります。

猟路の桜の由緒を記した案内板と石碑が建てられています。

猟路の桜の案内板と石碑






笠間川というそうです。この川沿いに長く桜の木が続いています。お花見の方もいますが、ちらほらといったところです。これだけ素晴らしい桜の路ですが、まだお花見スポットとしてはメジャーではないように思います。

猟路の桜、笠間川沿いの路



川沿いを歩く人はまばらです

猟路の桜を歩く人



親子ずれ、地元の方でしょうか

猟路の桜と花見を楽しむ親子



猟路の桜は結構長いです。

猟路の桜の遠景



本当に周囲が自然いっぱいで、自然を満喫・感じ取ることができる場所です。

猟路の桜の遠景



本当に自然の中で咲き誇る桜です。水のきれいな川と、背景に山も見れて、本当にのどかです。想うに桜の花見には、この地のように派手な出店とかは必要ないと思うようになりました。桜がきれいならそれだけで楽しめます。

猟路の桜・笠間川と山並み



猟路の桜



コイを放流すると川が浄化されるのでしょうか。

笠間川をきれいにするためにコイを放流していることを説明する看板



川の傍らの田んぼ道に腰かけて談笑するおばあちゃん。とても長時間同じ場所で話をされていました。ほんと歳をとったら田舎がいいなと思います。

猟路の桜の傍らの田んぼに腰をかけ談笑するおばあちゃん



歩道は散り桜でピンク色に染められていました。

散り桜でピンクに染まった歩道



小さな花



桜の花をつつく鳥



笠間川のサギ



又兵衛桜の帰りに偶然通って見つけたこの猟路の桜。いつまでも自然な桜を見せてもらいたいものです。

この記事にコメントする
トップへ