> > 道の駅「吉野路黒滝」
rss rss

道の駅「吉野路黒滝」



奈良県の中部あたりに位置する黒滝村。
橿原市を超え、明日香村よりもさらに南へ進むと、山深きところとなってきます。
この黒滝村の道の駅は、四方を山に囲まれた中にポツンと存在する、ドライバーのよき休憩スポットであり、川沿いの地形を活かした親水公園にもなっています。

純粋に自然に囲まれたいと思ったときに、少し足を伸ばせば届く場所にある、お勧めスポットです。

■訪問データ
訪問先 道の駅「吉野路黒滝」
訪問日 2014年5月中旬
所在地 奈良県吉野郡黒滝村大字長瀬22-1
conv store del

「奈良のへそ 黒滝村」と書かれています。
だいぶ南に来た気もしますが、まだまだここは奈良の中ほどです。
南には更なる秘境が広がっています。



駐車場に車を停めて周りを見渡すと、四方を山に囲まれていることがわかります。





やはり奈良のスポットには、どこでも串こんにゃくが売っています。
ここの味付けはちょいピリ辛でした。
だいぶ暖かくなってきたこの季節では、少々喉がかわくおやつでした。






木工系の特産品を売っているお店もありました。



道の駅の中心施設ですが、この日はたまたまライブが行われていました。
小さなステージに数客のイスに地元のお母さんがたが盛り上げる。
人里離れた、という表現もできそうなこの地で
心温まるライブが開催されていて、ほっこりしました。
ちなみに一緒に踊っているのは、黒滝村マスコットキャラクター「くろたん」というゆるキャラのようでした。







「黒滝ビリケン」
これは、黒滝村と大阪市浪速区と都市交流の応援プロジェクトとして吉野ヒノキを使って作られたもののようです。




とても楽しそうなライブでした。



この山に囲まれた道の駅に、奈良の銀行「南都銀行」があります。




そしてそして、このスポットが好きである理由、メインの施設の裏側に回ると芝生の広場があります。そして、その裏手には道の駅をとり囲むように清流・黒滝川が流れています。

まだ初夏でしたが、以前は真夏に訪れたときに、サンダルで川に入って涼を楽しみました。

人里離れたこのスポットで、レジャーシートを広げて芝生に寝っ転がるもよし、サンダルで川に入って涼を楽しむもよし、都会の喧騒から離れて癒されること間違いないです。











駐車場を見渡すと意外と多くの車が停まっていて賑わっています。
みなさん自然を楽しみに来ているんだろうなと思うと楽しい気分になりました。





この記事にコメントする
トップへ