> > 「井氷鹿の里」で川釣り
rss rss

「井氷鹿の里」で川釣り

奈良県吉野郡川上村は、奈良市からだと車で約1時間半~2時間程度と比較的近くて、雄大な大自然に包まれた村です。初心者でも楽しめる管理釣り場で、川釣りを楽しみにいってきました。

川上村の道の駅。村役場の隣に位置していて、多くのドライブ客やバイクでツーリングをされている方で賑わっていました。役場の逆隣りには、ホテル「杉の湯」があります。






道の駅の裏手には大滝ダムがあり、その際にあるので、結構な高さを感じます。





事前に調べたところ、村には2つの管理釣り場があり、まず木地ヶ森渓流釣り場に行ってみました。そこで管理人のおじさんを訪ねたところ、川が荒れていて、今はあまり場所がないとのこと。8月の大雨で川がすっかり荒らされてしまったようで、数組のグループが釣りをしていましたが、ほかにあまりできそうな場所がなさそうでした。

他に管理釣り場を訊ねたところ、「井氷鹿の里」を教えてもらったので今回はそちらに行ってみました。

村役場から木地ヶ森渓流釣り場の途中の道は↓のような感じで、天空の道といった感じです。



一旦役場のあたりまで戻ってから、「井氷鹿の里」へと移動。険しく高いダム横の道を通り抜け、約20~30分で到着しました。












こちらも相当山に囲まれています。



駐車料金500円と書かれていましたが、釣りをする場合は、要らないようでした。



釣り場を上から撮影。こちらは、結構きれいに人工的に作られています。木地ヶ森の方の写真は撮りそびれましたが、もっと自然の渓流の中に作られていました。



こちらはおばあさんが一人で管理をされていて、放流用の魚の用意から貸し竿、えさの準備等々まで面倒を見てくれました。
料金は、釣りの基本料と、貸し竿2本、エサで5,400円でした。
釣った魚を入れておく網も貸してくれました。

釣りを開始。手ぶらで訪れてだいたい15分くらいでしょうか。お手軽です。
さすがに区画内に放流しているので、釣り針をたらしてから程なく、魚がかかりました。







今回はおばあさんが、アマゴとニジマスを半々くらい入れてくれましたが、
全部で6匹くらい連れて、全部ニジマスだったように思いました。

下調べしたサイトで、初心者はニジマスにしておいたほうがいいと思います。
と書かれていた意味がよくわかりました。

釣ったニジマスは、管理の建物の裏にある炊事場で下処理をして持って帰り、
家で塩焼きにして帰りました。
持ち帰るための氷は管理のおばあさんからいただくことができました。

自分で持っていったのはクーラーボックスくらいでほんとに手軽に川釣りを楽しむことができました。


■訪問データ
施設名 井氷鹿の里
訪問時期 2014年9月下旬
HP アマゴが釣れる天然の釣堀 いびかの里
conv store del
この記事にコメントする
トップへ